iPadで絵を描くメリットデメリット

未分類

iPadでお絵描きってどうなんだろうと思ってるそこのあなた!
絵を描くためにiPadを買った私が、実際iPadを使ってお絵描きをしていて思う、
メリットデメリットを紹介していきたいと思います。

iPadで絵を描くデメリット

  • iPadの値段が高い
  • イラストソフトがサブスク
  • お絵描きする画面が狭い
  • 物理的なボタンが欲しくなる

iPadの値段が高い

値段が高いのは当然の対価です。

安くて軽いiPadエアーもありますので、サイズとお金とスペックでお財布と相談しましょう。

イラストソフトがサブスク

クリスタのPC版持ってるのにサブスクじゃないと使えないので毎月お金がかかってます。
時代がサブスクなので仕方ないかもしれません。

もちろんサブスクじゃないのもあります!
基本使用無料のソフトもあるので詳しくはこちらの記事をご参考ください。

iPadで絵を描くのにおすすめのアプリ
...

お絵描きする画面が狭い

液タブの時も思ったけどさらに画面が狭い!
でも、液タブと違うのはiPad用にソフトが設計されていること。
だとしてもレイヤーとかウィンドウだすと狭い。
極力しまって対処してます。

物理的なボタンが欲しくなる

一応キーボードがなくてもキーボードの機能があるボタンを表示させることが可能です。
テンキーとかつなげて物理的なショートカットキー使いたくなる。

iPadで絵を描くメリット

  • すぐにデジタルイラストが描ける
  • 絵を描きやすい
  • 持ち運びやすい
  • データ共有が楽

すぐにデジタルイラストが描ける

iPadはスマホを開くときのようにまずスマホを開いてアプリを開いて新規作成ですぐに絵が描けます。
私はiPadで絵を描くようになってから描く枚数が増えました。

絵を描きやすい

ペンが鉛筆みたいで描きやすいです。
Apple Pencilが最高なのでぜひお近くの取扱店舗で試し書きしてみてください。
あと、ペンを持ったまま指でトントンっとペンを2回叩くとペンと消しゴムが入れ替わるのが便利です。

持ち運びやすい

ベッドでもこたつでもどこでも描けます。
外に持ち運ぶ時も書類の入るカバンなら余裕で入ります。
iPad11proは充電がタイプCなのでUSBの充電器があれば持ち運びのバッテリーでも充電ができますね。

データ共有が楽

iPadなので iCloud Drive が便利です。
私はデータは元データも書き出した画像も両方 iCloud Driveに入れてます。
PCでもiPhoneでもすぐにデータが取り出せて楽です。

最後に

私は以前、液タブを使っていましたが、iPadに変えました。
いつもほんとに買ってよかったなって思ってます。

描きやすさがすごすぎてすごいんですよ・・・!

ほんとにぜひお近くの店舗でApple Pencilの描き心地を味わってみてください。

それでは良いお絵描きライフを!

タイトルとURLをコピーしました